弁護士になるための費用

弁護士になるとなれば、大学に入って…と行った流れが一般的であると思います。
国立大学に行くか私立大学に行くかによっても費用の違いと言うのはありますが、500万円前後の費用は必要になってくると考えておくべきのようです。
大学に行かずに弁護士なる事も可能ですが、中々そう簡単にいく方法ではないようですからね。
弁護士を目指している人の多くは、大学に通って…という方法で弁護士を目指す場合が多いと思います。
それだけお金をかけても、最終的に全ての人が弁護士になれると言うものでもありません。
弁護士の国家試験というのは、受験をするのに回数の制限があるそうです。
簡単に言うと5年間という期間の間で3回だけ受験資格があるようです。
最終的な司法試験の合格率というのは20%程度と言われています。
たくさんお金をかけて最終的に司法試験にわかることができなかったと言う人もいると言うわけです。
そう考えると、誰もが簡単に手を出せる仕事ではないと言うことだと言う事ですね。
弁護士という仕事はそれだけ難しい仕事でもあると言えると思います。
そう言った背景を知ると今までも弁護士と聞くと凄いなぁーと単純に思っていましたが、さらに見る目が変わってきますね。
弁護士という仕事の知名度は高くても、その内容をよく知っている人というのは本当に少ないのではないでしょうかね。