この考えだと痛くない歯医者もすぐ探せそうです。

結論からいけば、歯医者に痛くないことが1つもないことはないようです。
痛くないことが増えてきたが、痛いものもあるという心積もりも大切だと思うんです。
そうでないと、「痛くない」という売りがトラブル源にもなりかねませんもの。

麻酔ひとつにしたって、どの麻酔が自分に痛くないかを探さなければいけません。
ここの歯医者ではどの人にも痛くない麻酔しかない、なんてことはないでしょうから。
痛くないからといって効果のない麻酔をしたりすることもできないことと思います。

まあ抜歯するにしても、家でするものよりは痛くないのが歯医者ですよ、ぐらいでしょうね。
もちろんある人は痛い麻酔過程が、もう一人は痛くないというようなこともあります。
痛くない歯医者なんて、人が変わるだけでも違ってきてしまうものということです。

なので、よほ悪い評判でない限りはどこでも痛くない歯医者ということになります。
痛くない歯医者はあるけれど、絶対痛くない歯医者ではないのが自然な解釈になるでしょう。
これならできるだけ痛くない歯医者を探すことってそんなに難しいことではなくなってきますね。